Top / 一口メモ / ジャガイモのそうか病

尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に ジャガイモそうか病.jpg

ジャガイモそうか病対策

そうか病の起こりやすい環境

 

ジャガイモ そうか病.jpg

①土壌がアルカリに傾くと発生しやすくなる。

②連作による土壌菌のバランスが崩れるとによる発生。

 

 

 

アルカリの土壌でそうか病発生した場合の対処法

そうか病が発生したときは土壌のPHを調べます。アルカリ土壌に近いのであれば消石灰・苦土石灰の使用は避ける。

ジャがイモは カルシウムの補給をしないと収穫に影響が出ますから大和の『尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に』を使いカルシウム補給をします。

使用量は一株当たり10gを施肥します。

株が丈夫になり、ジャガイモがたくさん収穫できます。

 

商品紹介こちらをクリック『尻ぐされ芯ぐされが気にな野菜に』

②連作によるそうか病の発生

②連作によるそうか病が発生した場合の対処法

ナス科の野菜を連続したときにおこる、そうか病の発生時には『連作の障害が気になる土に』を土壌に1坪(3.3㎡)に600gを土にすき込みます。

※ジャガイモはナス科の野菜で連続して栽培すると連作障害が起こりやす野菜です。ジャガイモを栽培する時は『連作の障害が気になる土に』を毎回使用することをお勧めします。

商品紹介こちらをクリック→連作の障害が気になる土に

 


ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.