Top / 海洋汚染

海洋汚染.jpg

海洋プラスチックごみ汚染、自分たちができる簡単なことから始めよう。

川を流れるレジ袋、ペットボトル、商品袋、発泡スチロール、などのプラスチックを目にします。いったん川に流れてしまえば海に出て、紫外線でもろくなり、波にもまれ細かく砕かれたプラスチックをマイクロプラスチックと呼んでいます。これをカメなどの海洋生物が誤って食べ命をなくしています。

マイクロプラスチックを発生する肥料があります。

一発肥料などに配合されている被覆肥料は、尿素の粒をプラスチックの膜でコーティング、小さな穴をあけ、 肥料成分がゆっくりと溶け出だすように作られています。一度振っておけば 追肥が不要の省力化ができる肥料です。しかし、中身が溶け出し、空になったプラスチックの球は川を流れ海に流れ込み、誤ってウミガメなどの生物が食べてしまうマイクロプラスチックとなり問題となっています。

畑に施肥した場合はどうでしょう、分解されずに蓄積されプラスチックだらけの畑になります。そんな土で育てる野菜はおいしいのでしょうか?安全なのでしょうか?

カメが死んでいることをほとんどの人が知らない

被覆肥料・コーティング肥料やこれらを含んだ肥料を販売している人も購入して使う人もほとんどの人が海に流れてカメが食べて死んだりしているも分解されずに土に蓄積されていることも知らずに使っています。できるところからはじめてみませんか。

沢山の人にこのことを知っていただくためにこのページを作成しました。

大和は環境に負担を与える商品の販売しておりません。

弊社が販売する肥料は海洋プラスチックごみ汚染(マイクロプラスチック)につながるコーティング肥料・被覆肥料の使用・販売はしておりません。

※肥料の空き袋はプラスチックごみです。自治体の指示に従ってゴミに出しましょう。


 

 

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.