Top / DAIWAの栽培だより ❷

バラの葉が食べられた!犯人は誰だ! 2020年8月11日


DSCPDC_0003_BURST20200811084426880_COVER-750x1000.JPG

バラの葉が丸く食べられて坊主になりかけています。株には害虫がいる様子がありません。昨日、水やりの時にハチを見かけました。ハチがバラの葉を食べるわけがないと思っていました。ネットを見てびっくり、犯人はハチでした。オルトラン粒剤を散布しておきました。

 

今年6月5日に植えたレモンがこんなにも大きくなりました。7月30日

6月に植え付けたレモンの木が一回り成長しました。小指の頭くらいっだった実がゴルフボールより一回り大きくなりました。

DSCN0233_Moment.jpg DSC_1151-750x1000[1].JPG

里芋日記

スーパーで購入した里芋が余ったので鉢に植えてみました。


2020年7月13日2020年7月13日 20207月7日20207月7日

種から育てたアボカドが事務所でこんなに大きく!

この前ネットで調べたら実がつくのは「アボカド10年」のようです。

「頑張ってみっか!」

 

 

DSC00268.JPGimage0.jpeg

詳しくはここをクリック

 

袋栽培でジャガイモを収穫、今度はナスに挑戦!(お客様より)

 

1591258739763.jpg1591258727210.jpg1591258758844.jpg

お客様で11月にジャガイモの袋栽培を始め、風で折れたりきにの悪戦苦闘されて、あきらめていた収穫は大きなジャガイモが収穫できたようです。良かったですね。

『有機100古い土の再生材』『連作の障害が気になる土に』で土づくりをして今回はナスの栽培に挑戦するそうです。頑張ってください。

 

バナナの花が咲きました。今年は食べられるかな?

 

DSC_1103-750x1000.JPG

去年は8月に花が咲きましたが収穫できませんでした。今年は5月に花が咲いたので収穫に期待できると思います。

 

バラにかわいいお友達

 

DSC_1092-750x1000.JPG

バラの花が散りかけたので切り戻そうとすると、アマガエルが親子で休んでいました。バラの花が散るまで切るのはやめました。

 

ぐい吞みでおしゃれな多肉植物!

 

DSC_1076-750x1000.JPG

ぐい吞みに『植え替え御無用』『根腐れ防止剤』を使って多肉植物を植えました。

植え方はYouTubeで!

ぐい吞みで多肉植物を楽しもう!

 

バラの花大きすぎて株が持ちません。

DSC_1081-1000x750.JPG

花が多すぎたり、大きすぎて枝が持ちません。カルシウム不足だったのかもしれません。『尻ぐされ・芯ぐされが気になる野菜に』を追肥します。

 

 

 

 

夏野菜の植え付け 2020年5月15日

 

DSC_1082-1000x750.JPG

今年で18年間、同じ土を使って栽培します。今年も『連作の障害が気になる土に』『有機100古い土の再生材』『尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に』『トマトナスキュウリの肥料』で植え付けしました。

 

大和ガーデン 2020年5月7日

 

DSC_1061-1000x750.JPG

〇バラのつぼみが大きく膨らんできました。開花が楽しみです。つぼみが本当に大きい。

〇ブルーべりは花が終わり沢山の小さな実に変わりました。

〇クリスマスローズは新しい芽が勢いよく伸び始めました。

〇バナナ今年の挑戦は実をつけたい。

〇野菜の植え付けは今週の土日やります。

〇オリーブは実付きがよさそう。

〇風が強いのでアボカド大きいものは事務所で管理。

 

苺ドロボー  2020年4月30日

 

DSC_1057-750x1000.JPG

植えたままの苺ですが毎年大きな実をつけます。

一番大きくて赤いイチゴをカラスに持っていかれました。

残念!!

 

 

サンパチェンスの切り戻し 2020年4月9日

 

DSC_0989-750x1000.JPGDSC_0991-750x1000 (002).JPG

冬越ししたサンパチェンスの切り戻しと追肥をしました。今年大きくきれいに咲かせたいね。追肥には『技醗酵油かす』を追肥しました。

 

スイレンの追肥 2020年4月8日

 

DSC_0001_BURST20200408140631911-750x1000.JPGDSC_0001_BURST20200408140631911-750x1000.JPG

スイレンが追肥の時期です。『技醗酵油かす中粒』を土に押し込みました。根が張っていて苦労しました。茎はワサビのように成長していました。今年もいい花が咲いてくれるはずです。

 

ブルーベリーの植え付け 2020年4月8日

 

DSC_0994-750x1000.JPGDSC_1002-750x1000.JPG

ブルーベリーが枯れてしまったので日曜日に購入した苗を植えようと思います。花が咲いているのでポットから取り出し、そのまま植えます。古い土を再生してから植え付けました。

※花や実がついている場合の植え付けはいじらずにそのまま植え付けましょう。ブルーベリーは必ずなりますよ。

 

 

オリーブの追い再生 2020年4月8日

 

DSC_1013-750x1000.JPGDSC_1014-750x1000.JPG

オリーブの根が見えています。根が張って植え替えの時期です。今年は追い再生で土を柔らかくさせ、植え替えは来年します。

作業は簡単、『有機100古い土の再生材』を土に約1㎝の厚さでふりまくだけです。

 

ホームセンターで購入した200円の鶏ふんを果樹に施肥しました。

 

おしえて.jpg

Q:果樹にホームセンターの200円で購入した鶏ふんを施肥しましたが効果が感じられません。貴社にいい肥料はありませんか。

A:鶏ふんにはリン酸や石灰も多量に含まれています。鶏ふんだけで施肥を考えると必ずと言って良いほどリン酸、石灰の過剰となります。ほかの肥料と組み合わせて施肥することをお勧めします。

弊社には愛媛のみかん農家さんも使っている『魚ぼかし肥料』と言う肥料あります。これは味が濃くなる、甘くなると評判の肥料です。

 

 

白菜がこんなにおおきくなった~ぞ! 2020年1月20日



DSC_0879-750x1000.JPG

いつも肥料を購入してくださるお客様が「よくできた」と白菜を持ってきてくださいました。

今日収穫したばかりのみずみずしい白菜で重さをはかったら約4.7㎏もありました。

 

 

 

『連作の障害が気になる土に』菊栽培でチャレンジ!

連作の障害が気になる土に.png

菊を毎年同じ土で栽培すると連作障害を起こし、生育不良になると言われています。そのため毎年土をたくさん購入しているというお客様もいらっしゃいます。

弊社の『有機100古い土の再生材』と『連作の障害が気になる土に』を使って菊栽培にチャレンジしてくださった方がいらっしゃいます。

今のところ、問題はなく育っているということでした。

成長を楽しみにしています。

 

ピンクバナナが大きくなってきました。(2019年9月2日)

 

DSCN0155.JPG

かわいらしい実が育っています。

※肥料は『技醗酵油かす大粒』を使用しました。

今年は食べられるかな?

 

 

宿根草が元気になったよ!(2019年8月31日)

 


DSCN0157.JPG

『連作の障害が気になる土に』のサンプルを生育が悪くなった宿根草に使ったら、元気が回復したそうです。ほかの植物にも使いたいと言うことで買いに来られました。その日は休みでしたが会社の草刈をしていましたので対応させていただきました。

 

サンパチェンス1メートルの大株に成長(2019年8月23日)

 

DSCN0141.JPG

2019年5月19日植え付けたサンパチェンスの株が1メートルを超える大株に成長しました。花付きが悪くなってきたので切り戻しを考えています。

 

 

ナスの連作障害が治った (2019年8月23日)

 

DSCN0097.JPG

DSCN0140.JPG

〇連作障害で枯れかけたナス(2019年7月24日)


 

 

〇立ち枯れが回復したナス(2019年8月23日)

 

詳しくはこちら→

今年も地植えのバナナに花が咲く。 (2019年8月18日)

 

DSCN0126.JPG

地植えのバナナに花が咲き、実も付き、今年は収穫できるかな? 



 

 

 

2019年8月18日以前はこちら→

 

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.