Top / 夏肥料

夏の肥料

夏の植物は高温と水分不足などで根が弱った夏バテ状態です。このような根の状態では肥料を施しても少しの肥料しか吸収できません。肥料が無駄になり、肥料の量が多いと肥料やけを起こすこともあります。根に負担がかかり最悪の場合枯れてしまったりすることもあるので夏は肥料を施肥しないほうが無難です。

でも見方を変えると弱った状態だからこそ夏バテを解消してあげる必要があります。根の発根、土の栄養状態を改善める製品です。当社製品では「尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に」と「微量要素欠乏障害予防材」です。プランターにそれぞれをペットボトルのキャップに半分づつ施肥します。野菜なども一株当たりペットボトルのキャップに半分づつ施肥します。一度お試しください。

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.