Top / 栽培管理 / イタリアントマトの育て方

イタリアントマトの育て方

プランター・鉢は深さが30cm以上のものを用意します。

育てる環境:生育適温25〜30℃。日当たりのよい場所に置きます。
植え時期:霜の心配がなくなる4月中旬以降5月末までに植えつけます。(関東以西)
苗の植えつけ:
鉢底ネットをしき、鉢底石を敷き詰めたプランターや鉢に培養土を入れます。(肥料入りの培養土でも元肥として肥料をサンドイッチ状にして敷いておきます。)培養土はプランターいっぱいに入れないで、ウォータースペースを5cmほどのこします。
苗をポットから取り出しプランターに植え穴を掘り、苗を浅植えに植えます。
仮支柱を立てて麻ひもで支柱と枝を8の字で結びます。鉢底から流れ出るまで、水をたっぷりかけます。
CIMG2471.JPGCIMG2492.JPG
植え付けは「夏野菜の植え付け」を参考にしてください。画像入りで詳しく説明しています。

わき芽取り:
イタリアントマトもトマト同様に葉と茎の付けねから出てくるわき芽はすべて取ります。大きくならないうちにすべて摘み取ります。
CIMG2487.JPGCIMG2491.JPG

脇芽は放任する言われていますが込み合ってくると病気や害虫の発生につながります。脇芽はとったほうが無難です。

 

本支柱立て:

トマトが伸びてきたら本支柱を立てます。長さ180くらいの支柱を3本立て上をひもで束ねます。茎が伸びてきたら誘因をします。

追肥:
追肥は植え付け後15日目、株から10〜15離れた場所に追肥をする。その後は1か月に一回(プランターではふちに沿って)追肥をします。
CIMG2496.JPGCIMG2498.JPG
水やり:
水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

収穫:
6月下旬ぐらいから収穫できます。

病気害虫:
アブラムシ、ハムシ、オンシツコナジラミ、ウイルス病など注意。

注意すること:
連作障害を嫌います。 連作障害には「連作の障害が気になる土に」で予防しましょう。

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.