Top / 商品紹介 / 真夏のトマト対策

 

ま夏のトマト対策

真夏のトマト対策.jpg

対策1地温の上昇を抑える追い再生材

「有機100古い土の再生材」 を土に「追い再生材」するとマルチ効果で地温の上昇と水分の蒸発を軽減する効果があります。

使い方は土に約1㎝の厚さで「有機100古い土の再生材」をマルチします。

DSCN0041_Moment(3).jpgDSCN0041_Moment.jpgDSCN0041_Moment(2).jpg

①土の上に         ②1㎝の厚さでまく     ③平らに整地

対策2トマト尻ぐされの予防

トマトの尻ぐされ.jpg
暑い夏はカルシウムの吸収量が減るため尻ぐされが多発します。「尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に」を追肥すると同時に対策1・対策3を併用し「尻ぐされ」を予防。

DSCN0044.JPG

施肥量はペットボトルのキャップ1杯(約10g)をプランターの淵にそってまきます。

 

対策3高温による生育不良対策!

夏の暑さが和らぐ場所を見つけよう!.jpg
夜の温度が25度をこえると根の生育が止まり必要な水分や肥料・カルシウムをうまく吸収できなくなります。

①プランター・鉢

 〇プランターの場合は半日陰や涼しい場所に移動

 〇朝と夕 2回の水やりを必ずします。(高温になる日中はさける。)

DSCN0018_Moment.jpgDSCN0048.JPG

半日陰となる場所に移動

②露地栽培は

 〇移動ができないので遮光ネットなどで対策する必要があります。

POP

夏トマト対策.jpg

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.