Top / 商品紹介 / 野菜栽培後の茎・葉の再利用

 

野菜栽培の残渣を再利用.png

用意するもの・・・・・・野菜苗、石灰、生ゴミ処理剤、肥料、野菜を育てた後の茎・葉や根

s-1.JPG


野菜を育てた後の茎・葉や根

植物残渣10.jpg

病気や害虫が発生したものは除いてください。

 


有機石灰を全体にふります。

s-2.JPG

今回はすぐ植え付けのできる有機石灰を使います。使用量は1当たり約200〜250g
※有機石灰はゆっくり効く石灰で微量要素の補給としては有効な石灰です。PH調整の場合は消石灰、苦土石灰がお勧めです。消石灰は1週間、苦土石灰は2〜3日以上あけて植え付けをします。

 


荒く耕す

s-3.JPG

深さ約20〜25くらい

 


溝を掘る

s-4.JPG

深さ20〜25、幅は植え付ける野菜によって調整

 


溝に野菜を育てた後の茎・葉や根などの残渣を敷きます。この上に生ゴミ処理剤、白菜キャベツホウレンソウ肥料をまく。

s5.JPG

残渣は厚さ約5
生ゴミ処理剤は1当たり100g
白菜キャベツホウレンソウの肥料1当たり300g

大和 生ごみ処理剤 500g.JPG大和 白菜キャベツホウレンソウの肥料 2.JPG

 


土を覆土する。

s-6.JPG

野菜を育てた後の茎・葉や根を踏みつけておくと作業が簡単です。土を約5覆土します。

 


畝を立てる

CIMG1712.JPG

高さは水はけの良い場所は低く、水はけの悪い場所は高くします。一般的には15〜20

 


野菜苗を植え付ける。

s-8.JPG

植え付け後灌水する。

 
ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.