Top / 園芸作業 / 土づくり

【カンタン】土づくり

土づくり 生きた.png

土づくり

根がよく伸び、水分や肥料・空気を十分に保持できる土壌にすることが土づくりの基本です。

 そのためには

① 石灰を施し、酸度を調整します。(苗の植え付け2〜4週間前)

雨の多い日本では土壌は酸性に傾くので土壌に石灰を入れ酸度を調整します。一般的に野菜は弱酸性を好みます。PHは5.5〜6.5くらいになります。ホウレンソウなどは弱アルカリを好みます。

土づくり.jpg石灰をまく.jpg土づくり 耕す.jpg

石灰をまき→荒く耕す
苦土石灰は1当たり約100〜150gが目安で荒起こしをします。土壌が酸性に傾いているからといって1当たり250g以上を入れると逆効果となる場合がありますから注意しましょう。
石灰質資材には有機石灰、苦土石灰、消石灰などがあります。
●有機石灰は多くの微量要素を含んでいます。酸度補正の効果はゆっくりで効果が出るのに時間がかかります。ですから、種まきや苗を植えることができます。アルカリ度は33%くらい
●苦土石灰はマグネシウムを含んだ石灰ですぐに効果が出ます。アルカリ度は53%くらい
●消石灰はアルカリ度は80%くらいですぐに効果がでます。
初心者には苦土石灰がおすすめです。本格的な栽培をしてみたい方は春は苦土石灰、秋は有機石灰と分けて使うか、有機石灰・苦土石灰を半分ずつ使うのもおすすめです。酸度補正は植え付けの約2週間〜1ヶ月前までには完了しておきます。

② 土をよく掘り起こしてフカフカの状態にします。(苗の植え付け1〜2週間前)

有機質.jpg耕す2.jpg

有機質を入れ耕す。
土を耕すと、土に空気や水分の入るすき間ができ、根の張りがよくなります。土を耕す深さは約20〜30です。
耕すときに堆肥や腐葉土を一緒に土にすきこむとこのすき間が長持ちします。堆肥・腐葉土の施肥量は1当たり2.5〜3くらいを目安にします。※堆肥が完熟していないと野菜の根を傷めてしまいますので完熟たい肥を使いましょう。植えつけの1週間〜2週間前に土づくりはしておきます。
※トマトやナスなどのナス科の野菜、白菜キャベツなどのアブラナ科の野菜などは同じ場所で栽培を続けると生育が悪くなる連作障害が発生しやすいので当社の「連作の障害が気になる土に」で予防します。

③ 元肥を施肥します。(苗の植え付け2日〜1週間前)

溝を掘る.jpg元肥.jpg
溝を掘り元肥を入れる
野菜に合わせて肥料を選びます。菜園全体に施肥する全面施用、溝を掘り溝に施肥する溝施用があります。全面施用は腐葉土や堆肥と一緒に施肥すると簡単です。溝施肥は畝を作る時に施肥します。

④ 畝を立てます。

土を戻す.jpg種をまき土をかぶせる.jpg畝を立てる.jpg

土をかぶせ→種をまき→うねを立てる
野菜の種類や栽培期間、日当たりなどによって、広さ、間隔、方向、高さなどを変えます。大きく広がる野菜は一条植えで育てます。畝幅60くらいにします。狭い菜園では効率よく野菜をつくりたいので2条植えにします。畝幅は80〜120くらいの条間に余裕をもたせた畝幅にします。畝の高さは一般的には水はけがよい菜園は畝を低くし約15、排水があまりよくない菜園は高く約20以上のうねを立てます。畝は南北に立てるのが基本です。

●野菜の好むPH

野菜の好むPH.png

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.