Top / 植え付け / 二十日大根

ベビーリーフの栽培 二十日大根 平成28年6月14日

●土を使わない軽石栽培!二十日大根(ラディシュ)編

●気温が15℃になれば発芽します。


●用意するもの
二十日大根のタネ、プランター、日向土小粒、「ベビーリーフの肥料」、「尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に」、霧吹き

DSC00191.JPG


●種まき前の準備
プランターに日向土小粒を八文目入れる。底から出る水がきれいになるまで水を流します。

DSC00170.JPGDSC00171.JPGDSC00172.JPG


●種まき
割りばしなどで深さ5mmの溝を2本作ります。※大きめのプランターなら3列まきにします。

DSC00158.JPGDSC00159.JPG

種を3粒ずつ、2〜3cmの間隔をあけ、種をまきます。種に軽石をかぶせ、まき溝を平らにします。
種をまいた場所に「尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に」を一粒まきます。

DSC00160.JPGDSC00161.JPG

※軽石には植物に必要なミネラルがほとんどありません。「尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に」を補給をしないとうまく育ちません。


●まき終わったら、霧吹きで水を吹いて完成です。

DSC00163.JPG

2、3日で発芽しますが収穫まで土の表面は乾かないように水を吹きます。


●間引き
発芽直後、葉の形や色が悪いものを除いて間引きします。一箇所に1株にして育てます。

DSC00182.JPGDSC00184.JPG

※間引きせずに2〜3本を密集させたまま育てると、細い大根に育ってしまいます。
※間引きが遅くなると、根が絡み合って抜けにくくなります。抜きにくいときは土を軽く指で押さえると簡単に抜けます。


●追肥
発芽後一週間したら「ベビーリーフの肥料」を4株に1粒の割合で施肥します。

DSC00185.JPGDSC00186.JPG

※少し辛めの二十日大根が食べたいときは、2株に1粒の「ベビーリーフの肥料」を追肥をしてください。


●収穫
名前のとおり20日くらいで収穫できます。


一般的な培養土も栽培方法は同様ですが、肥料入り培養土の場合は一回目の栽培の時には追肥は控えます。2回目の栽培から追肥をします。

ミックスレタスの栽培.pngひげニンニクの栽培.png

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.