Top / 植え付け / 夏野菜の植え付け

カンタン】夏野菜の育て方

夏野菜を植える時期は霜の心配がなくなる4月中旬以降5月末までに植えつけます。

用意するもの野菜苗(トマト・ナス・ピーマンなど)、菜園プランター、培養土、「トマトナスキュウリの肥料」、「尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に」、支柱、誘引ひも

CIMG2447.JPG


 

ナスの苗を植えてみましょう!

 

①培養土をプランターに半分程度入れ平らにします。 ②「トマトナスキュウリの肥料」2握り、「尻ぐされ芯ぐされが気になる野菜に」2つまみを振りまきます。③残りの培養土をプランターにいっぱい入れずに5㎝ほどのウォータースペースを残します。  
 CIMG2448.JPG CIMG2451.JPG CIMG2454.JPG

 

 

 ④植穴を掘る ⑤黒ポットから苗を取り出し、浅植えに植え付けます。⑥支柱を立て、風で苗が折れないように仮誘引します 。  
  CIMG2455.JPG 
  CIMG2456.JPG

  CIMG2458.JPG

 




●トマト、ミニトマト、ピーマン、キュウリ、オクラ、シシトウ、なども同じ要領で苗を植えつけましょう。

●トマト ●ピーマン ●ミニトマト
 CIMG2461.JPG CIMG2472.JPG CIMG2473.JPG

 


28年3月18日に植えました。霜が心配なので軒下で管理します。路地栽培の場合は苗ぼうしを使って保温します。※霜などの心配がない4月中旬以降に植えつけましょう。

 


 CIMG2474.JPG
●苗帽子
 苗帽子.png
                                                                                   

 


一回目の追肥は株から15㎝離して円を描くように施肥する。

2回目以降の追肥は1か月に一度、鉢の淵に沿って追肥をする 平成28年4月5日



 CIMG2504.JPG
 

CIMG2499.JPG
 
 
CIMG2497.JPG


CIMG2502.JPG 
※夜温が低くナスとピーマン生育が悪いほとんど生育いていない。


●ナスの3本立に仕上げる方法、平成28年4月26日

 一番最初に付いた花の下の脇芽は残し
それより下の脇芽はすべて取る。
枝先から出る脇芽  
 CIMG2523.JPG CIMG2487.JPG 

 


●2回目以降の追肥1か月に一度、鉢の淵に沿って追肥をする 

トマトは順調に生育、ナス・ピーマンがやっと成長を始める、前日の風でナスの葉はボロボロ。2回目の追肥をする。平成28年5月5日

CIMG2532.JPG


 

トマト栽培ナビ.pngナスの栽培ナビ.pngピーマンの栽培ナビ.png

イタリアントマトの育て方.pngオクラの栽培ナビ.pngトウモロコシの栽培ナビ.png

野菜の栽培管理.png

ページのトップへ
株式会社 大和 〒425-0054 静岡県焼津市一色430 TEL:054-624-8114 FAX:054-624-8113
Copyright(c) 2009 Daiwa Co.,Ltd. All Rights Reserved.